工夫して便利に

キーボードと手

クレジットカード決済というのは、工夫するととてもメリットがあります。つまりは、支払いを先延ばしにできる、ということです。商品の仕入れとか今は現金がないがどうしても必要な物などを買えるのです。これはとても大きなメリットであり、クレジットカード決済をしている理由でもあります。 クレジットカード決済は基本的には、あくまで理由があるから利用するのです。つまりは、現金を支払うことができる状態であれば、そのほうがよいです。支払い方法で最高なのは現金であることは確かなのです。しかし、クレジットカード決済がいつでも使えるようにカードを持っておくことはよい選択です。 選択肢が増えることは、有難いものであり、カードは発行してもらうべきです。

学生などによくありがちなのが、クレジットカード決済を携帯料金や水道・ガス・電気の料金などと同じで軽く見ていることです。 携帯料金や水道料金などは、支払い遅れがあっても止められる前に払いさえすれば延滞料金がかかること以外はなんらデメリットはないように思えます。(ただし最近では携帯料金に携帯本体の分割払いが含まれていることが多いので注意が必要です。携帯本体の分割払いはクレジット契約です。)クレジットカード会社はCICやJICCなどの個人信用情報機関に加盟していますので、クレジットカード決済の支払い遅れがあると、信用情報に記録され、3ヶ月以上の支払い遅れは事故情報として記録されてしまいます。 支払い遅れの記録や事故情報があると、クレジットカードやローンの審査に通らなくなり、人生プランに影響を与えてしまいます。くれぐれもクレジットカード決済を甘く見ないことです。クレジットカード決済は借金と同じなので、必ず返済できる金額だけを計画的に利用するようにしましょう。