サーバーラック管理システム

注目の記事

導入する為に

パソコンと見上げる男性

需要がある飲食店経営は現在もっとも注目されているビジネスですが成功を納めると客足が途絶えることなく忙しくなることも多いでしょう。非常に贅沢な悩みですがPOS導入で更に活発化されます。

Read More

システム効率アップ

パソコンとデータの受け渡し

飲食店など店舗で幅広く活躍しているレジスターは、東芝テックの製品で決まりでしょう。時代にあった製品開発及び自動で釣り銭が出る仕組みも魅力でまさに忙しい店舗で導入したい程です。

Read More

工夫してみる

指とグラフ

クレジットカードといった魅力的なカードが誕生してから、多くの店舗でも導入が目立つようになりました。ですが、ちょっとした工夫をすることによって店全体の売上を伸ばすことも可能になり最近ではキャンペーンもあります。

Read More

効率化を図る

いろいろなインターフェース

導入までのスピードが早く、多くの方に選ばれているクレジットカード決済サービスならこちらです!幅広い業種に対応しているので一度お問い合わせ下さい。

POSシステムとは日本語で販売時点情報管理といい、商品やサービスの販売情報を売上げがあった都度記録し、管理するシステムのことです。コンビニエンスストアやドラッグストアなど多品種の商品を扱う小売業を中心に、売上管理事務の効率化を図る目的で広く導入されています。また、ファミリーレストランなどの飲食店においてもPOSシステムの活用が見られます。ただ注意が必要なのは、飲食店におけるPOS導入の目的が売上管理のみにとどまらないことです。商品をレジに通す瞬間に売上が発生したことになる小売業と異なり、飲食店の場合は注文・調理・提供・会計という4つのプロセスを順次経ることで業務が完結します。そのため、これらの業務全体の効率化にもPOSシステムが利用されているのです。

飲食店において広く利用されているのは、POSシステムに電子発注システムを組み合わせた複合的なシステムです。システムの一般的な構成は、客の注文をフロア接客係が入力する情報端末、その入力情報を厨房に伝える受信設備及び会計レジの3つから成っています。従来の手順であればフロア接客係は注文に基づいて手書きで伝票を起票し、自ら厨房に出向いて注文内容を伝達します。一方会計では伝票を改めてレジに打ち込んで精算を行います。飲食店型POSシステムは、これらの業務を大幅に省力化します。接客係はフロアと厨房の間を何度も往復しなくてもよいようになり、注文の伝達誤りなども防止することができます。また、伝票の集計と売上金との突合事務も軽減することが可能になります。